法律 チャイルドシートについて

チャイルドシートの法律義務について

チャイルドシートは子供を事故の衝撃から守る大切なものです。
では、法律ではどのような決まりでしょうか。
まず、着用する年齢ですが、6歳未満の子供は全員着用義務があります。
シートベルトは基本的に140センチ以上の体形の人を想定して作られているのでそれより小さい子供が着用すると、変な部分がしまってしまい、事故につながります。
そういった観点から6歳未満の子供は全員着用義務があるのです。
義務なので、違反すると当然、違反点数があり、現在は1点の減点となっています。
罰金はありません。
しかし、この義務が免除される場合があります。
それは、車の構造上、シートが設置できない場合、乗せる子供の数が多く、チャイルドシートを可能な限り設置しても足りない場合、肥満過ぎてチャイルドシートに座ることが困難な場合、6歳未満でも身長が140センチ以上ある場合などです。
また、バスやタクシーなどに6歳未満が乗る場合も免除されています。

Copyright(c) 法律 チャイルドシート All Rights Reserved.