法律 チャイルドシートについて

法律によってチャイルドシートが着用義務が免除される要件とは

道路交通法では、6歳未満の子供には必ずチャイルドシートの着用義務が生じます。
その目的は、自動車の衝突事故から子供の命を守ることにあります。
ただ状況に応じては備えることや座らせることも難しいケースもありますので、その場合、着用義務が免除されるケースもあります。
まず車の構造上、座席にそれを固定できない場合です。
またそれを固定しても子供の人数が圧倒的に多いケースです。
授乳やおむつ交換をするケース、病気や怪我の子供を運ぶのでその使用が健康を妨げるケースです。
その他に脱臼や皮膚疾患といった身体的状況でその着用が適さないケース、激しい肥満でその着用がサイズが合わない、何らかのトラブルで子供を警察に連れて行くときなども着用義務を免れます。
さらにバスやタクシーに乗る時や6歳未満でも身長140cmを超え、シートベルトの着用が可能な場合もです。
この様に状況によっては、チャイルドシートに子供を無理に座らせなくても法律違反に問われることはありません。

Copyright(c) 法律 チャイルドシート All Rights Reserved.