banner

法律で定められたチャイルドシート着用は何歳まで

banner 子どもが車に乗るときは必ず利用するチャイルドシート。
法律上は何歳まで着用を義務付けられているのかご存知ですか。
法律上定められた年齢は6歳未満。
つまり、年長さんのお誕生日がくるまでは着用義務があるんです。
使用していない場合、運転者は罰金こそないものの、減点1点の罰則が定められています。
また、チャイルドシートは年齢や体格に合わせたものを利用することも重要です。
最近では年齢や体格に合わせて部品を外し、長期間利用できる商品が沢山出ています。
長く利用することを視野に入れて購入されると良いでしょう。
体格に合っていないシートに座らせると、子どもが窮屈なだけでなく、万一事故にあった際に、衝撃に耐えきれない場合があります。
罰則があるから使用するのではなく、大切な命を守る為に、車に乗る時は必ずチャイルドシートにお子さんを固定するようにしましょう。
そして、シートのサイズがお子さんに合っているかも小まめに確認してくださいね。

ダイビングサービスの質にこだわり続けるプロ
アクアデルレイ・サイパンです

ブランデー 買取
全国NO1を目指しています

スプールエッジは海外相場
釣具の買取を行っています

滋賀・大阪・京都などの関西着で引越しするなら値段の安い
引越しのギフトに任せてみてはいかがでしょうか?

宝石のきらめきをお金に代えませんか?
もう使わなくなってしまった宝石に、思わぬ値段がつくかもしれません。

関連情報一覧

banner
チャイルドシートの義務化は、平成12年4月に道路交通法が改正されたことにより実現しました。

法律にも規定されているチャイルドシートの義務化

banner
道路交通法では、6歳未満の子供には必ずチャイルドシートの着用義務が生じます。
その目的は、自動

法律によってチャイルドシートが着用義務が免除される要件とは

banner
チャイルドシートは子供を事故の衝撃から守る大切なものです。
では、法律ではどのような決まりでし

チャイルドシートの法律義務について

Copyright(c) 法律 チャイルドシート All Rights Reserved.