法律 チャイルドシートについて

法律にも規定されているチャイルドシートの義務化

チャイルドシートの義務化は、平成12年4月に道路交通法が改正されたことにより実現しました。
それを利用する要件としては年齢要件があり、6歳未満の子供が対象となります。
また身長の要件としては、140cm未満の方はチャイルドシートを使用する必要があります。
その理由としてシートベルトは身長が140cm以上の人を対象に製作されているため、仮にそれに適合しないケースでは逆に人命を失いやすくなったり、内臓や肩、腰など傷める場合もあるからです。
なお母親に抱っこされ乗る新生児であってもその対象となります。
もし6歳未満の子供が自動車に乗っているのに、それを使用していない場合は道路交通法の法律違反となりますので、免許の違反点数が1点減点されることとなります。
ただ罰金は発生しませんが、何度も繰り返し法律違反で捕まると免許停止処分に繋がるため注意する必要があります。
そのため6歳未満の子供を乗せて、自動車を運転する場合は必ずチャイルドシートを備え、そこに子供を座らせるのが大切です。

Copyright(c) 法律 チャイルドシート All Rights Reserved.